フォローブースターProプロのツイッター凍結リスク解除設定解説


フォローブースターProプロのツールを起動してフォロワーを増やしていく時に、
まずは凍結リスクの軽減として
「相互フォローアカウント」をフォローしていくことが推奨されています。

フォローブースターProのデフォルトの設定のままだと設定が機微閉めなので、
より初期段階での相互フォローアカウントにフォローされやすい設定を解説します。

フォローブースターPro相互フォロー


少しでも早くフォロワーを増やして凍結耐性をつけていき、
早い段階で報酬をあげていきましょう。


相互フォローアカウントのフォロー設定

新規ツイッターアカウント作成時の「相互フォローアカウント」フォロー設定を解説します。
ツイッターアカウントは通常通り新規取得しておいて下さい。

参照:Twitterアカウントのつくり方

  1. まずフォローブースターProプロのWINDOWS版を通常に起動します。

  2. フォローブースターProに新規アカウントを追加します。

  3. 以下、各部の設定をしていきます。
  4. 以下のフォローブースターProウインドウズ版の設定を以下の推奨設定にします。
    フォローブースターPro設定

    • フォロー対象者:相互フォロー
    • ツイート数:0
    • ラストツイート:0
    • アイコンが変更されている:チェックを外す
    • 日本語利用者に限定:チェックを外す
    • フォローがフォロワーより多い:チェックを外す
    フォローしてもらう数を増やすことが目的なので、
    フォロワーの質を選ばずに設定していきます。

    なので、最低ツイート数やラストツイートも可能な限りのゆるい設定にしていきます。

    「フォローがフォロワーより多い」相互フォローアカウントもしばしばなので、
    ここも当然チェックを外していきます。

    フォロー返し設定の「ナチュラルフォロワーにフォロー返しを行う」には
    チェックを入れておきます。

    以下のような設定にします。
    フォローブースターPro設定1
    これでかなりフォローされやすい設定といえるでしょう。


アンフォローと片思い

更に設定箇所として「アンフォロー」があります。

デフォルトでは「フォロー返しが48時間ない場合は案フォロー」になっていますが、
72時間くらいに伸ばしておいてもいいでしょう。

相互フォローアカウントもAPI規約変更でどんどんフォロー返しの反応が鈍くなっています。
通常よりも時間を長めにしておくと、フォロー返しされる確率も高まります。

また、アンフォローを頻繁に行うのも凍結の原因になります。

片思いチェック欄

こちらの「片思い」にチェックをいれておくと、
他のツールや手動でフォローしたアカウントからフォロー返しがない場合に、
ツールの方で自動アンフォローしてくれる優れものの機能です。

フォロワーを自動化して増やす場合は是非チェックを入れておきましょう。


ツイッターアカウント凍結してしまったら

ここまで凍結耐性をつけるためにフォロワーを増やしていきますが、
それでもアカウントが凍結してしまった場合の手順を記載します。

  1. 凍結したアカウントにログインします。
  2. 永久凍結でなければログインできます。

  3. ツイッターの設定→アプリ連携よりアプリをオフにする
  4. このアプリ連携が凍結理由になっている場合もあります。一度切ります。

  5. 凍結解除申請をする
  6. 凍結解除申請のやり方は、以下の記事を参照して下さい。

    参照:Twitterアカウントの凍結から復活させる解除申請方法


注意

こちらで解説している設定は、2013年12月8日現在のものです。
後ほどのツールアップデートにより変更になる場合もあります。

またツイッター自体が随時仕様変更していっていますので、
その仕様にあわせて対応していく必要があります。

記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!


新発売フィードマティック!ブログ自動投稿とTwitter連動で半放置でアクセス誘導‼


当サイトからのフォローブースターPro購入特典案内

以下をクリックして、フォローブースターProでの最速成果を体感して下さい。
販売終了しました!



コメントを残す

関連記事

月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須


サブコンテンツ

このページの先頭へ