フォローブースターProプロの起動で画面から消えてしまう症状解説

フォローブースターProプロを利用していて、
バックグラウンドで利用しようとするとアイコンが画面から消えてしまい、
操作できなくなる(終了もできない)という状況になった!

という発見があります。

この場合の対処法と現状の仕様を解説します。

フォローブースターProバグ

実は、画面から消えてしまったわけではなく、
タスクトレイに収納されています。

フォローブースターProのバックグラウンド起動の状況

フォローブースターProを起動させて、
画面をバックグラウンド起動にしようとして最小化ボタンを押します。
そうしますと、一時的に画面からいなくなります。

通常のアプリケーションだと画面一番下に表示されることが多いですが、
フォローブースターProはタスクトレイに収納されます。
(2013年11月5日現在)

フォローブースターProの画面
↑最小化ボタンを押すと、タスクトレイに収納されます。

フォローブースターProタスクトレイ
上記のように、タスクトレイにフォローブースターProのアイコンが収納されています。

再度起動させる場合は、このアイコンをクリックします。

タスクトレイは、通常だとパソコン画面の右下に設置されている場合が多いです。

ツールを終了するには

上記のタスクトレイから再度実行し、画面に表示させることにより、
フォローブースターProのツールを終了できます。

また、
再設定の場合も画面に表示させて、ツールの処理を中断させてから
再設定していきます。
(一度処理を中断させないと設定変更できない仕様になっています)

フォローブースターProのバージョンアップ

このようなちょっとしたわかりづらい部分も、
基本的にはツール自体のバージョンアップで対応されるとのことです。

別案件もあり、開発者の今村吉宏さんに連絡をとりましたら
わかりにくい部分は改善したいとの旨を、音速返信でいただきました。

今村さんのやる気を感じます…
素晴らしい…

フォローブースターProの今後のバージョンアップに期待しましょう!